FC2ブログ

Aガーディアンヒーローズ(ACT鑑賞)



2004年にGBAで発売された
サターンの同タイトルからの続編。名称は
アドバンスガーディアンヒーローズ。
サターンではアクションRPGであったが、
今回はアクション要素の強いベルトスクロール・
アクションになっている。


ゲーム鑑賞としての第96弾。



地上は強大な魔導国家によって支配されていた。
魔導国家を裏で操る暗黒魔導士・カノンは、伝説の
「英雄剣」を追い求めていた。

英雄剣―――その剣には、古の時代に国を守った
英雄の魂が込められているという。
ハーン、ランディ、ギンジロウ、ニコレの4人の
冒険者たちは、数々の苦難を乗り越え、ついに
英雄剣を見つけた。

カノンは配下の者に英雄剣の奪取を命じる。
王国赤騎士団長・セレナはその命に背き、
冒険者一行とともに戦うことにした。
英雄剣によって異世界の英雄魂が宿り復活した
不死英雄戦士も加わり、魔導国家との戦いが始まる。

戦いの中で、魔導国家の王子にして黒騎士団長である
バルガーは、自分がカノンにだまされていたことを
知り、反逆を決意した。

……だが、これはすべて「天界」が“究極戦士”を
創るために仕組んだことだった。
大いなる力を持つ天界の神にとって、地上は単なる
実験場でしかなかったのだ。
戦いの中で英雄としての力をつけていった冒険者
一行とセレナ、そしてバルガーは、雲上の神殿へ
召喚され、そのことを知る。

1/2






天界と地上を隔離するため、不死英雄戦士は
英雄剣の力を解放し、力つきた。
彼を失ったことで天上神との戦いは苦しい
ものとなる。
究極戦士として天界の下僕となることを
勧められたとき、ある者は拒否し、
ある者はそれを受け入れ、またある者は
地上へ逃げ帰ったのだった……

それから長い年月が過ぎた。
ある日、かつての戦いで暗躍した、不死の肉体を
持つ男・ズルが、どこからともなくあらわれた。
ズルは魂を抜かれた英雄たちを従え、蘇生術で
カノンを復活させる。
暗黒魔法で世界を制圧し、魔導国家の再建を
目論むカノン。平和だった世界に、また戦いの
嵐が吹き荒れるのか……

カノンたちに対抗する王国の残存兵=
レジスタンスたちは、最終手段として英雄剣の力で
異世界の英雄魂を呼び寄せることを決断した。
異世界の魂を受け入れるには器……つまり
いけにえが必要である。そのいけにえとして自ら
名乗りを上げたのは、名も無い一般兵だった。

そして今、召喚の術を持つ巫女である姫とともに、
名も無い一般兵は剣が眠る地へと向かう。
「英雄」となり、この地上を守るために……

(アドバンスガーディアンヒーローズ、
取扱い説明書より)

2/2







評価としてはいろいろと紆余曲折あった
ようですが、1つのゲームとして見れば
それなりに完成度は高かったような(; ・ω・)
続編ものはまあいろいろあるのでしょう(棒

中古でもそれほど高い値段はついていなかったと
思いますので、もし見かけたら( ・ω・)b

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

annmin

Author:annmin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード