水滸演武(格闘G鑑賞)



1995年、アーケードと家庭用、ほぼ同時に
リリースされた格闘ゲーム。
中国の伝奇歴史小説、水滸伝をモチーフに、
その登場人物たちが戦う。
使用キャラは扈三娘(こさんじょう)。


ゲーム鑑賞としての第80弾。



ものがたり

時は11世紀。中国大陸は北宋の時代。
江西信州(こうさいしんしゅう)にある
龍虎山の伏魔殿より、珀八つ(ひゃくやっつ)の
凶星が中国全土へと解き放たれた。
これこそ36の天罡星(てんこうせい)と72の
地煞星(ちさつせい)、合わせて108の
魔王であった。

それから50年後の1101年・・・

歴代の王業(おうぎょう)は8代皇帝、
徽宗(ぎそう)へと継がれたが、徽宗は政治に
関心が薄く、また悪官(あっかん)の腐敗政治
と相まって、かつての栄華はやがて衰退へと
変わりつつあった。






山と湖に囲まれた自然の要塞梁山泊
(りょうざんぱく)に、運命の糸に手繰り
寄せられるが如く、108人の漢達が集まった
のはそんな折りであった。

漢達は各々が義侠心に篤く、また、人並み
はずれた才能、能力を持ち、まさに豪傑と
呼ばれるにふさわしい好漢達であり、そして
108の魔王の化身でもあった。

ある日、梁山泊頭領、宋江はこう叫んだ。

「昨夜、梁山泊一の強者を決めよ、との天命を
授かった。
これが何を意味するかは分からぬが、よい
機会である。
梁山泊初の武闘会を開くとしようぞ!」


(水滸演武、取扱い説明書より)






サターン版でプレイしていますが、家庭用には
双鞭呼延灼(そうべんこえんしゃく)が追加。
ノーコンティニューが出現条件で、対戦相手と
言うよりは、時間内に倒さなければならない
ボーナスキャラになっています。
動画ではノーミスと勘違いしていた人も
いましたが・・・(;・ω・)


阮小五01

そしてコヤツの挑発ポーズは
まだまだイロモノキャラの可能性を
示したというか(;´Д`)


今はPS3とPSPのゲームアーカイブスでも
購入可能。
興味のある方は是非一度プレイをば( ・ω・)b

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

annmin

Author:annmin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード