モータルコンバットⅡ(非攻略)



32X版。
実写対戦格闘ゲームだが、勝負が付いた後の
フィニッシュ技『究極神拳』が特徴。
トドメとなる必殺技の流れ・ジャンルを作った。


ゲーム鑑賞としての第16弾。



物語は終焉を迎えず、再び始まろうとしている…

少林寺の破戒僧シャンツンは世界征服を成し得る為の
力を必要としていた。
その力とは当代屈指の武闘家たちの魂を魔人に捧げる
ことによりその代償として魔人の無類なき力が得られる
のであった。

500年に一度行われる「殺戮の宴」をその呪われた
取り引きに利用しようと画策したのであった。
だが天空界からの選ばれし武闘家たちにより、その
思惑はシャンツン自身も倒され、1500年もの間の
「不敗伝説」を持つ半龍人GOROさえも失うという
最悪の結末を迎えるのであった。

この惨憺たる結果に魔人は怒り狂い、シャンツンの魂を
生け贄にすることでその怒りを収めようとしたが、
すでに武闘家としての魂を無くしたシャンツンにそれを
求めることをしなかった。

魔人は自らその強固な魂と不敗を誇る武闘家の魂を
手に入れなければならなかった。
そこで魔人はシャンツンに新しい魂と若い肉体を
与える代わりに、再度「殺戮の宴」を行わせるので
あった。
魔人自らこの宴を影から操り武闘家の魂を手に
入れようと画策した…

魔人は何故強固な武闘家の魂を必要としているの
だろうか?

魔人はシャンツンが「人間界」で「殺戮の宴」を
催している間に追放された「魔界」を制圧していたが、
さらに魔人は自らの世界である「魔界」を拡大しようと
考え、手始めに「人間界」から征服することを画策した。

「人間界」に降りるだけの、充分な力と強靭な肉体を
持っていなかったのである。
そこでその「殺戮の宴」に集う強靭な「武闘家」の魂が
どうしても必要だったのである。

それを察知した天空界は新たなる「人間界」の
「武闘家」達に「神拳」を与えるのであった。
それは「魔人」から「人間界」を守る為だった。

今まさに双方の思惑が入り交じった新たな闘いが
始まろうとしている。
そう「魔人」と「天空界」との終焉の見えない闘いが!

「魔人」ショウ・カンを倒し、邪悪な魂をこの世界から
追い払い世界に平和を導くために今また闘いの火蓋は
切って落とされた、「魔拳」と「神拳」が火花を散らし
ドラの音が鳴り響く……
「MORTAL KOMBATⅡ」……

輪廻天昇再び……
新たな神拳降臨伝説が始まろうとしている……

宿命と、因縁と、来世は、永遠の価値を与える……

(モータルコンバットⅡ、取り扱い説明書より)






洋ゲーは説明が長い。そして翻訳がいい加減だと
この通り(;・ω・)

しかし間違いなくゲームに新しい形と流れを与えた
パイオニアであり、そして一部日本人に大いに
受け入れられたゲームであったと思いますw

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モータルコンバットⅡ(非攻略)

v-75v-423v-405色付きの文字v-12未プレーなんですよ
32X版
それではさようなら
おやすみなさい
プロフィール

annmin

Author:annmin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード