新・忍伝(非攻略)



サターン初期のSEGA忍シリーズ。
ハード性能をフルに生かした実写取り込み
となり、ムービーやアクションには
ジャパンアクションクラブを起用。

ゲーム鑑賞としての第13弾。



~忍道とは影となりて
     世を正義へと導く道~




戦国時代より闇に生き、そして消えた「忍びの血」。
この血を密かに受け継ぎ、「忍術」と大自然に息吹く
「気」を融合させ、究極の武術「忍道」を生み出した
鉄斎(てっさい)は、ある晩、双子の赤ん坊を拾う。

アヤという生まれたばかりの娘はいたものの、
忍びの血を後世に伝えるべき男子に恵まれていなかった
彼は、その双子を育てることを決心。

鳴き声が大きく癇の強い兄を「カズマ」、
抱き上げるといつも笑い返してくる弟を「ショウ」と
名付けた。





それから十五年。
鉄斎の教えを受けたカズマとショウは
「刀術」「体術」「忍術」を、
アヤは静の道「心術」をそれぞれ学んだ。
中でもカズマの力は、弟を遥かに凌ぐほどであった。

だが、鉄斎は、そんなカズマの奥に潜む危険性を
見抜いていた。
やがて、鉄斎の危惧は現実のものとなる。
カズマは、強大な力だけを欲し、静なる道の修行を
拒絶。
すべての者を屈服させる力さえあれば良いと
考えるようになっていた。

そして力だけでは「忍道」を極めることは
できないと説く鉄斎の前から姿を消した……





さらに時は流れ、修行を続けるショウとアヤは、
少しずつ確実に「忍道」の本質を身につけていった。
そんな二人を見ながら、鉄斎は忍道最終奥義を
伝える日も、そう遠い話ではないと思い始めていた。

だが、鉄斎といえど自然の摂理には逆らえなかった。
年老いた忍道創始者は、最終奥義を伝えぬまま、
この世を去ったのだ……





その時、邪悪の世界にその身を投じ、
圧倒的な支配力で巨大な武装集団の頂点に
君臨していたカズマが動いた!!

カズマにとって、この世でただ一人の
忍道継承者ショウは、邪魔な存在であり、
最強を誇らんがためには最終奥義は
必要不可欠であった。

今、最終奥義の手がかりを知る可能性がある
ショウとアヤに、カズマの野望に満ちた
魔の手が襲いかかる!

(新・忍伝、取り扱い説明書より)




実写取り込みは、当時流行していたというのも
ありますが、ハード性能、そして海外市場の
強かったSEGAの選択として順当というか
当然の流れだったのではないかと(´・ω・`)

( ・ω・)そしてSEGA難易度も当然の如くw

ちなみに18歳以上推奨ソフトでもありました。
そんなエグいシーンは無かったと思うんだけど
なあ……

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

ニコニコ観てました、ブログみて仕事が決まったとの事でしたのでおめでとうございます。またニコニコに動画をあげて下さい。

No title

>2011-05-28 20:28様

どもです(´・ω・`)
今年はGWにもUPしませんでしたし・・・
夏には何か1つくらいとは考えています。
プロフィール

annmin

Author:annmin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード